2007年05月29日

勃起不全治療薬、「レビトラ錠20mg」の輸入承認を取得

ED(勃起不全、勃起障害)治療薬のレビトラの20mgが輸入承認されましたね。
レビトラはバイエル薬品のED(勃起不全)治療薬で、これまでは5mgと10mgの2種類しか承認されていませんでした。

ただこの2種類では、重いEDの方には効果が期待できないということもあり、20mgのレビトラの処方が可能になることは、重い(ED)で悩んでいた患者さんにとっては朗報ですね。
【関連ニュース】日経新聞
バイエル薬品、経口ED治療薬「レビトラ錠20mg」の製造販売承認を取得

バイエル薬品、経口ED治療薬
レビトラ(R)錠20mgの製造販売承認を取得

 
 バイエル薬品株式会社(本社:大阪市、社長:ジャン−リュック・ロビンスキー)は5月24日、厚生労働省から、経口ED(Erectile Dysfunction,勃起不全)治療薬レビトラ(R)錠20mg(一般名:塩酸バルデナフィル水和物)の製造販売承認を取得しました。海外では、経口ED治療薬(PDE−5阻害薬)は高用量が主流です。日本では、レビトラ(R)錠20mgが初めて承認された高用量製剤となりました。

 経口ED治療薬が発売されて以来、ED治療は大きく改善され、また、2004年のレビトラ(R)錠5mg、10mgの発売によって治療の選択肢も増えました。しかし、生活習慣病の患者さんや脊髄損傷や骨盤内腫瘍手術後の患者さんなどEDが重症となりやすいケースにおいては、これまで日本で承認された経口ED治療薬の最大用量では十分な効果が得られない場合が見受けられました。バイエル薬品では、こうした難治性ED患者さんの治療ニーズを満たすため、日本でのレビトラ(R)錠20mgの開発をスタートさせました。約800名の患者さんが参加した日本における第III相臨床試験によって日本人でのレビトラ (R)錠20mgの有効性と安全性が確認され、レビトラ(R)錠20mgは2005年に承認申請、その後の厚生労働省の審査を経て、このたび承認されました。

 「日本では、高齢化の進展や生活習慣病の増加など、さまざまな社会的要因があげられる中、EDの患者さんはますます増加傾向にあります。今回、レビトラの高用量20mgが承認されることにより、日本でも海外と同様の治療が可能となります。5mg錠、10mg錠に、新しく20mg錠が加わったレビトラは、これまで治療の難しかったED患者さんを含め、より多くの方々のED治療に貢献できるものと期待しています」と、バイエル薬品社長のロビンスキーは述べています。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=160843&lindID=4
【PR】ED 勃起不全


レビトラ



【関連する記事】
posted by sakusaku at 11:06| ed 勃起不全(障害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

メタボリックに関するニュースをいくつか

最近メタボリックということばを本当によく耳にします。
それだけ怖いものという事でしょうか。
メタボリックに関連したニュースをいくつか拾ってきました。

理化学研究所、植物の内的要素の変動解析技術を開発
日経プレスリリース
昨今、“メタボリック・シンドローム”という言葉をよく耳にしますが、代謝変動という内的要因を知ることが重要なのは、ヒトに限らず多くの動物、植物、微生物でも同様です。

看板メニューは「健康」 仙台圏の社員食堂
河北新報
仙台圏の企業の中には、メニューに「血液サラサラ」「二日酔いに効く」などのシールを張り、選ぶときの参考にしてもらう所や、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策としてカロリーを抑えた定食を出す事業所も現れた。

男性にとってはこちらも怖い!?
ED 勃起不全


生活習慣病 予防


posted by sakusaku at 02:23| 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

勃起不全

EDとは勃起障害や勃起不全のことです。
ED(勃起不全)は治る一般的な病気です。必要なのは、あなたのちょっとした勇気と決断だけです。
ED(勃起不全)には様々な原因があります。
それぞれの症状によって適切な治療を受ければ、必ずやハッピーライフを取り戻す事ができるでしょう。
おすすめサイトはこちらED 勃起不全


タグ:ED 悩み
posted by sakusaku at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ed 勃起不全(障害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

男性のメタボリック克服など政府が新戦略策定

政府の新健康フロンティア戦略賢人会議は18日、糖尿病などの生活習慣病を引き起こすメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防策など、国民の健康づくりの支援策などを定めた「新健康フロンティア戦略」をまとめました。

これは、
「国民の健康寿命の延伸に向け、国民自らがそれぞれの立場等に応じ、予防を重視した健康づくりを行うことを国民運動として展開するとともに、家庭の役割の見直しや地域コミュニティの強化、技術と提供体制の両面からのイノベーションを通じて、病気を患った人、障害のある人及び年をとった人も持っている能力をフルに活用して充実した人生を送ることができるよう支援する。」
というもので、

これには「国民自らがそれぞれの立場に応じて行う健康対策」として
以下のことがまとめられています。
1.子どもを守り育てる健康対策(子どもの健康力)
2.女性を応援する健康プログラム(女性の健康力)
3.メタボリックシンドローム対策の一層の推進(メタボリックシンドローム克服力)
4.がん対策の一層の推進(がん克服力)
5.こころの健康づくり(こころの健康力)
6.介護予防対策の一層の推進(介護予防力)
7.歯の健康づくり(歯の健康力)
8.食育の推進(食の選択力)
9.運動・スポーツの振興(スポーツ力)


メタボリックシンドローム 勃起不全


2007年04月17日

糖尿病や高血圧に効果、「食用サボテン」

イスラエルの食用サボテンが糖尿病や高血圧に良いそうだ。
サボテンステーキというのは聞いたことがあるが、どんな味がするんだろう。
この食用サボテン日本にも入ってくるんだろうか。

【記事抜粋】
「この「とげなしサボテン」はメキシコから輸入された品種。メキシコでは20種類以上のサボテンが、薬用として栽培されているという。

 テルアビブ(Tel Aviv)のEmek Hefer農場のRahamim Shaar主任は、「メキシコでは、サボテンはごちそうとされている。この新しいサボテンは、フライパンでステーキのように調理したり、オーブンでホイル焼きにもできる」と語った。」

糖尿病はED(勃起不全、勃起障害)の原因のひとつとされる。


勃起不全と糖尿病

2007年04月16日

高血圧は脳内血管の炎症が原因!?


【要約】
■高血圧は脳の血管疾患が原因

 科学者らの研究によると、心臓発作、脳梗塞、および腎臓疾患を招く高血圧は、これまで考えられてきた心臓の疾患ではなく、炎症性の脳内血管疾患によるものだという。

■高血圧治療に新たな可能性

 研究チームを率いる英国西部ブリストル大学(Bristol University)のJulian Paton

 同教授は、「従来の治療で高血圧の改善がみられない患者に、血管の炎症を抑える薬品を投与し脳内の血流を増大させる可能性が視野に入る」と話す。

 さらに、同教授は、「JAM-1は高血圧の治療に新たな糸口を見いだす手がかりになるかもしれない」と今後の研究に大きな期待を抱く。

 同教授は、「一般的な疾患だが、適切に処置できないことの多い高血圧の治療に、新たな手法が開ける可能性がある」としている。

 研究の詳細は、高血圧を扱う医学専門雑誌「Hypertension」に掲載される。


生活習慣病 勃起不全


リンク宝の島/ お役立ちサイトリンク集/ 健康情報お役立ち/ リンクbest/ お役立ちlinks/ お役立ちサイトリンク集/ お役立ちサイトリンク集/ ダイエットリンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。