2007年05月29日

勃起不全治療薬、「レビトラ錠20mg」の輸入承認を取得

ED(勃起不全、勃起障害)治療薬のレビトラの20mgが輸入承認されましたね。
レビトラはバイエル薬品のED(勃起不全)治療薬で、これまでは5mgと10mgの2種類しか承認されていませんでした。

ただこの2種類では、重いEDの方には効果が期待できないということもあり、20mgのレビトラの処方が可能になることは、重い(ED)で悩んでいた患者さんにとっては朗報ですね。
【関連ニュース】日経新聞
バイエル薬品、経口ED治療薬「レビトラ錠20mg」の製造販売承認を取得

バイエル薬品、経口ED治療薬
レビトラ(R)錠20mgの製造販売承認を取得

 
 バイエル薬品株式会社(本社:大阪市、社長:ジャン−リュック・ロビンスキー)は5月24日、厚生労働省から、経口ED(Erectile Dysfunction,勃起不全)治療薬レビトラ(R)錠20mg(一般名:塩酸バルデナフィル水和物)の製造販売承認を取得しました。海外では、経口ED治療薬(PDE−5阻害薬)は高用量が主流です。日本では、レビトラ(R)錠20mgが初めて承認された高用量製剤となりました。

 経口ED治療薬が発売されて以来、ED治療は大きく改善され、また、2004年のレビトラ(R)錠5mg、10mgの発売によって治療の選択肢も増えました。しかし、生活習慣病の患者さんや脊髄損傷や骨盤内腫瘍手術後の患者さんなどEDが重症となりやすいケースにおいては、これまで日本で承認された経口ED治療薬の最大用量では十分な効果が得られない場合が見受けられました。バイエル薬品では、こうした難治性ED患者さんの治療ニーズを満たすため、日本でのレビトラ(R)錠20mgの開発をスタートさせました。約800名の患者さんが参加した日本における第III相臨床試験によって日本人でのレビトラ (R)錠20mgの有効性と安全性が確認され、レビトラ(R)錠20mgは2005年に承認申請、その後の厚生労働省の審査を経て、このたび承認されました。

 「日本では、高齢化の進展や生活習慣病の増加など、さまざまな社会的要因があげられる中、EDの患者さんはますます増加傾向にあります。今回、レビトラの高用量20mgが承認されることにより、日本でも海外と同様の治療が可能となります。5mg錠、10mg錠に、新しく20mg錠が加わったレビトラは、これまで治療の難しかったED患者さんを含め、より多くの方々のED治療に貢献できるものと期待しています」と、バイエル薬品社長のロビンスキーは述べています。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=160843&lindID=4
【PR】ED 勃起不全


レビトラ



posted by sakusaku at 11:06| ed 勃起不全(障害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

勃起不全

EDとは勃起障害や勃起不全のことです。
ED(勃起不全)は治る一般的な病気です。必要なのは、あなたのちょっとした勇気と決断だけです。
ED(勃起不全)には様々な原因があります。
それぞれの症状によって適切な治療を受ければ、必ずやハッピーライフを取り戻す事ができるでしょう。
おすすめサイトはこちらED 勃起不全


タグ:ED 悩み
posted by sakusaku at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ed 勃起不全(障害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。