2009年07月18日

関節痛の原因

コンドロイチンを体内に取り入れる方法としてサプリメントのコンドロイチンがあります。
サプリメントのコンドロイチンは一ビン8,000円程度で薬局やネット通販などで買うことができます。
コンドロイチンは体のさまざまな痛み(関節痛、神経痛、五十肩、腰痛など)に効果があるといわれています。
関節痛は激しい関節の痛みを伴いますが、コンドロイチンは骨と骨の間で効果を発揮し、関節をスムーズに動かすためのクッション材となるため、それを和らげることができるとされます。
神経痛の原因は、関節を覆っている膜のような部分が傷つきそれによって神経が刺激される事によって生じますが、コンドロイチンが傷を修復を促進する事で痛みが和らぐとされています。
50歳くらいに起こることで五十肩といわれる関節痛ですが、これは肩関節周辺の炎症が原因です。
コンドロイチンは、肩関節がもっている外力への抵抗力を保ってくれます。それによって関節の変性を防ぎ炎症も抑えられます。
椎間板の骨化は腰痛の原因の一つとされていますが、コンドロイチンによって椎間板の水分が補給され、クッション作用の回復と骨化を防止することができます。
コンドロイチンの効果を得るためには、続けて摂る事が重要です。
もともと体が持っているコンドロイチンは年齢とともに不足してきます。
一方で、コンドロイチンは体の内部で作り出すことが難しい成分です。
以上のような事から、コンドロイチンを手軽に摂取できるサプリメントは重要な存在になってきます。
posted by sakusaku at 15:41| 健康の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。