2009年05月05日

フラワーレメディ

バッチフラワーレメディとは1930年代に開発された自然療法で、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって開発されました。
バッチフラワーレメディは薬の力ではなく野生の花や草木が持つ自然のエネルギーで心と体を癒すというものです。
レメディの意味は、本来治療薬という意味ですが、救済策や解決方法といったニュアンスで使われます。
バッチフラワーレメディは、人に本来備わった免疫力を引き出すものなのです。
心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を整えてくれます。
フラワーレメディは人に対してだけでなく、植物やペットにも効果があります。
フラワーレメディには7つのカテゴリーがあります。
人や周囲に敏感すぎる、失意と絶望、寂しさ・孤独、現実の事態への無関心、内心の不確かさ、他人のことを気にしすぎる、恐れと不安という7つのカテゴリーに分類されています。
ただし、
レメディは薬ではなく、急激な変化は訪れません。穏やかに変化していきます。

ストレスの多い今日この頃、花や草木が持つ癒しの力、バッチフラワーレメディを試してみたいと思いませんか。
タグ:癒し
posted by sakusaku at 02:26| メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。