2009年04月22日

糖尿病と食事

糖尿病は、糖代謝の異常によって起こる怖い病気です。
糖尿病は、血糖値が異常に高まる病気ですが、これは体内のインスリンの作用不足によるものです。

糖尿病になると様々な合併症を引き起こす危険性が非常に高まります。
日本国内の糖尿病患者数は、2005年の推定で約700万人。
そして、糖尿病予備軍を含めると2000万人に及ぶそうです。
糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病の二つの型があります。
約9割が生活習慣が原因の2型糖尿病です。
2型糖尿病の原因である生活習慣とは、高脂肪食の過剰摂取や運動不足、過食、肥満、ストレスなどです。
2型糖尿病は、まず血糖値を下げるよう食事療法や運動療法でコントロールします。
食事療法は医師から指導を受けますが、このとき糖尿病 食事指示票が手渡されます。それに応じたバランスのとれた食事を取ることが重要です。
糖尿病予防に必要な事は、生活習慣の見直しです。食生活などに問題があれば改善しましょう。なによりメタボリックシンドロームにならないことです。メタボ健診は受けられましたか?
【関連する記事】
posted by sakusaku at 13:45| 生活習慣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。