2009年06月21日

パニック障害

パニック障害という精神疾患の一つがあります。強い不安感を主な症状とする病気です。別名「パニックディスオーダー」とも呼ばれています。

パニック発作をパニック障害と思われがちですが、その発作がいつ起こるかわからない不安をいだき、生活にまで支障をきたしてしまうことがパニック障害なのです。

パニック障害の原因が何なのかは、全てが解明されているわけではありません。誘引となるものとされているのがストレスです。そのほかひどい疲れやカフェインの摂り過ぎ、煙草なども誘引となるといわれています。気の弱い人がパニック障害になりやすいかといったことはありません。

パニック障害で典型的なケースは突然襲うパニック発作ですが、これは突然めまいや動悸、呼吸困難が襲ってその場から動けなくなってしまいます。

その後起こるのが予期不安と呼ばれるもので、いつ起きるかわからないパニック発作に不安感を持つようになります。

そしてそれが慢性化すると、発作から回避できない場所を避けるようになります。これが広場恐怖です。

繰り返し起こるパニック発作と予期不安が1ヶ月以上も続くならパニック障害の疑いが強く、治療が必要になります。

治療法としてあげられるのは、一つが薬によるものです。パニック障害に有効とされる薬はいくつかあるのでそれを服用します。

もう一つが精神療法です。よく知られている精神療法が認知行動療法というものです。
【PR】パニック障害 治療法
posted by sakusaku at 19:04| メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

コンドロイチン

コンドロイチンは体になくてはならない成分の一つです。これは、サプリメントで摂ることが出来ます。
サプリメントのコンドロイチンは一ビン8,000円程度で薬局やネット通販などで買うことができます。
コンドロイチンは関節痛や神経痛、五十肩、腰痛などに効果があるとされています。
激しい痛みを伴う事のある関節痛ですが、コンドロイチンは骨と骨の間で効果を発揮します。関節をスムーズに動かすクッション剤となってくれるので、痛みをやわらげてくれるのです。
神経痛はどうでしょう。神経痛は関節を覆っている膜のような部分が傷つきそれによって神経が刺激されて生じます。コンドロイチンはこの傷ついた部分を修復してくれるので痛みが和らぐとされています。
五十肩の原因は肩関節周辺の炎症です。
コンドロイチンには肩関節の外力への抵抗力を保つ働きがあります。これによって関節の変性を防ぎ、炎症を抑えてくれます。
腰痛にはさまざまな原因があります。その一つが椎間板の骨化です。コンドロイチンは椎間板の水分を補給してくれるので骨化を防止する事ができます。
コンドロイチンの効果を得るためには、続けて摂る事が重要です。
コンドロイチンは本来体が持っているものですが、加齢とともに不足してきます。
それに加え、コンドロイチンは体の内部で作り出すことが難しい成分なのです。
この点からも、サプリメントによって継続的な摂取が可能になることは安心にもつながります。
posted by sakusaku at 22:18| サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。