2007年04月19日

男性のメタボリック克服など政府が新戦略策定

政府の新健康フロンティア戦略賢人会議は18日、糖尿病などの生活習慣病を引き起こすメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防策など、国民の健康づくりの支援策などを定めた「新健康フロンティア戦略」をまとめました。

これは、
「国民の健康寿命の延伸に向け、国民自らがそれぞれの立場等に応じ、予防を重視した健康づくりを行うことを国民運動として展開するとともに、家庭の役割の見直しや地域コミュニティの強化、技術と提供体制の両面からのイノベーションを通じて、病気を患った人、障害のある人及び年をとった人も持っている能力をフルに活用して充実した人生を送ることができるよう支援する。」
というもので、

これには「国民自らがそれぞれの立場に応じて行う健康対策」として
以下のことがまとめられています。
1.子どもを守り育てる健康対策(子どもの健康力)
2.女性を応援する健康プログラム(女性の健康力)
3.メタボリックシンドローム対策の一層の推進(メタボリックシンドローム克服力)
4.がん対策の一層の推進(がん克服力)
5.こころの健康づくり(こころの健康力)
6.介護予防対策の一層の推進(介護予防力)
7.歯の健康づくり(歯の健康力)
8.食育の推進(食の選択力)
9.運動・スポーツの振興(スポーツ力)


メタボリックシンドローム 勃起不全


2007年04月17日

糖尿病や高血圧に効果、「食用サボテン」

イスラエルの食用サボテンが糖尿病や高血圧に良いそうだ。
サボテンステーキというのは聞いたことがあるが、どんな味がするんだろう。
この食用サボテン日本にも入ってくるんだろうか。

【記事抜粋】
「この「とげなしサボテン」はメキシコから輸入された品種。メキシコでは20種類以上のサボテンが、薬用として栽培されているという。

 テルアビブ(Tel Aviv)のEmek Hefer農場のRahamim Shaar主任は、「メキシコでは、サボテンはごちそうとされている。この新しいサボテンは、フライパンでステーキのように調理したり、オーブンでホイル焼きにもできる」と語った。」

糖尿病はED(勃起不全、勃起障害)の原因のひとつとされる。


勃起不全と糖尿病

2007年04月16日

高血圧は脳内血管の炎症が原因!?


【要約】
■高血圧は脳の血管疾患が原因

 科学者らの研究によると、心臓発作、脳梗塞、および腎臓疾患を招く高血圧は、これまで考えられてきた心臓の疾患ではなく、炎症性の脳内血管疾患によるものだという。

■高血圧治療に新たな可能性

 研究チームを率いる英国西部ブリストル大学(Bristol University)のJulian Paton

 同教授は、「従来の治療で高血圧の改善がみられない患者に、血管の炎症を抑える薬品を投与し脳内の血流を増大させる可能性が視野に入る」と話す。

 さらに、同教授は、「JAM-1は高血圧の治療に新たな糸口を見いだす手がかりになるかもしれない」と今後の研究に大きな期待を抱く。

 同教授は、「一般的な疾患だが、適切に処置できないことの多い高血圧の治療に、新たな手法が開ける可能性がある」としている。

 研究の詳細は、高血圧を扱う医学専門雑誌「Hypertension」に掲載される。


生活習慣病 勃起不全


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。